So-net無料ブログ作成

iPhone6s Plusの光学式手ぶれ補正って何? [iPhone6s]

iPhone6s Plusにだけついている「光学式手ぶれ補正」って何だろう。

私が6Sと6S Plusで一番迷っているのがこの光学式手ぶれ補正がついているかついていないかの違いです。 

 

この光学式手ぶれ補正とはいったい何なのか調べてみました。

Sponsored Links



ちなみにiPhone6sには自動手ぶれ補正という機能がついていて、

この機能は、 通常「電子式手振れ補正」と呼ばれるもので、短い露出時間に4枚の写真を撮影して、手振れを補正。

ノイズ、モーションブラー、手振れが最も少ない部分を合成して1つの画像にするものです。

 

そしてiPhone6s Plusについている「光学式手ぶれ補正」とは何かというと、

まず光学式にはレンズシフト式とセンサーシフト式があり、iPhone6s Plusに使われているのは、

精度が高いと言われているレンズシフト式の方です。

 

このレンズシフト式は、 簡単に言うとレンズを動かして手振れ補正をします。

画像の合成等をしないので、電子式よりきれいな画像を撮ることができます。

ただし、ブレが大きいと合成をするときもあるようです。

 

これを考えるとやはりPlusの方がいいかなと。

目先の6sより、ちょっと遅れても高機能の6s Plus。

本当は、10月4日の娘の運動会の撮影に使いたかったのですが、娘の運動会はXPERIA Z3 compactで我慢します。 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました